FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニフェスト

<日本経済の在り方>

* 産業転換・産業集中(重点化)←全体的に成長はあり得ない。
(例)建設業(海外進出不可な小規模)→農業
・集中させるべきもの:日本の強み(高技術・高付加価値・高品質)
 ←技術、資本(投資)のよってもうけていく。
・これから伸びるもの:コンテンツ、観光、農業、製造業
・ これから衰退するもの:小売、マスコミ、出版、交通、教育(海外進出できないもの)
・ 地域重点化、地方分権
←年齢構造がいびつな地域・自治体への福祉は国がある程度責任(引退世代のみ責任)
←農業、IT産業、観光育成、インフラ(港、空港)

* 海外進出・投資
・ これから伸びる市場確保(インド、アラブ?)
・ 政治的リスク低減(インド、アラブ>中国)、中国や米国への一極集中是正
・ ブラックボックス化した技術を移転、その技術・規格に根ざした産業をその地域で作ってもらう。
・ 投資で稼いでいく構造へ ← 国民の意識変化が重要
・ 首相、大臣がトップセールス

* 労働者不足
・ 女性の社会進出(結婚後、出産後)リスクは政府(みんなで)が負う。
 ← 保育園、幼稚園
・ 海外からの熟練労働者導入→非熟練労働者の生産性も向上
・ 定年延長
・ モラトリアム、ニート、フリーター、雇用のミスマッチ問題改善
←幼い頃からの意識教育(ゆとり教育よりもマシ)、(短期的には)家庭任せはまずい。長期的には家庭・親が責任

* 技術力向上
・ 大学(教育+研究)←分離(教育・研究の効率性向上)
研究は産学連携、民間資本を導入
教育の産学連携はもっと早い時期から
公費は重点配分、奨学金拡大・告知(機会の平等)(=少子化対策にもなる)
・ どういうふうな技術か?
 ←環境、原子力、精密(技術のブラックボックス化)
・市場原理至上主義は危険←多少の規制(完全な真理は存在しない)
(例)投資・買収による技術流出
  技術の社会的価値は、社内価値(株価に反映)よりも大
  金融市場の構造により、日本は相対的株安
  (リスク回避的より流通している資本量が違う)

* 財政・社会保障問題
・ 少子化改善(←税制)
 ← 保育園、幼稚園、産婦人科医、育児手当(教育コストを低減させる)
・ 定年延長(←年金支出抑制)
←世代ごとの格差を表し、高年齢世代の理解を得る。

* サービス産業の効率化・生産性の向上
・ 中小企業(営業・運輸)←IT導入(集団化により小さい会社で負担するのには割に合わない固定費用・開発コストを解消) コンサル・システム産業は中小をなかなか相手にできない(営業コストがかかる)
・ クレジットカード、電子マネー

* 国民を安心・納得させる経済政策
・ 短期的政策と長期的政策の使い分け(同時進行)
・ アナウンスメント ← 根拠


<日本の在り方>

・ 現在の所得、生活・環境水準の維持(他の先進諸国と相対的に考えても)
 →急上昇させても意味が無い
・ 家族・家庭重視
・ 単に所得や物欲によらない価値観へ(国民に対し環境などを求める価値観へシフト)
・ 効率的な社会(最小な資源で最大の効果:無駄使い禁止、もったない精神)
スポンサーサイト

なぜ、日本は、円高に対して悲観するばかりなのか?

円が急騰 約13年ぶりに90円台(90.XXということ)

【ロンドン藤好陽太郎】24日のロンドン外国為替市場は、欧米が深刻な景気後退に陥るとの見方が強まり、円がドルなど主要通貨に対して急騰した。円は対ドルで一時、前日午後4時比6円67銭円高・ドル安の1ドル=90円87銭を付けた。1ドル=90円台は95年8月以来、約13年2カ月ぶり。

 円相場はユーロに対して、同11円88銭円高・ユーロ安の1ユーロ=113円79銭を付けた。1ユーロ=113円台は01年12月以来、約6年11カ月ぶり。ドルはユーロなどに対しては上昇しており、ユーロの急落が目立っている。

 円相場は22日に一時、1ドル=100円45銭をつけており、わずか3日間で10円近く円高が進んだ。対ユーロでも3日間で17円以上もの円高となった。米欧の金融危機や景気悪化懸念でドルやユーロが売られ、危機の影響が相対的に軽微とされる円が買い進められている。市場関係者は「こんな事態はみたことがない。年末も近づいて当面、リスクを回避する行動が強まり、さらに円高が進む可能性が高い」(英系銀行)と話している。
<毎日新聞>




なぜ、日本人(日本のマスコミ)は、円高に対して悲観するばかりなのか?

約半年前からの為替と比較してみます。

ユーロ/円
写真
165→115
20081025.jpg


ノルウェークローネ/円
写真
20→13
20081025 (1)

デンマーククローネ/円
写真
21→16
20081025 (2)

スウェーデンクローネ/円
写真
18→12
20081025 (3)

以上、欧州の4つは、金融ショック以来、急激に減価。


韓国ウォン/円
写真
0.12→0.07
20081025 (4)
韓国ウォンは、ヨーロッパ通貨以上に暴落。さすが、GDPのうち、純輸出の貢献が7割も占める国(日本は貿易が命といいながら高々3割)なので、相当、影響を受けている。半額も目前。韓国の留学生は多いが、相当困っているのでは?


米ドル/円
写真
120→90
20081025 (5)

こうしてみると、以前から怪しかった。

“本気で何かに取り組むということを成し遂げてみませんか?”


私は、今年の3月に学部を卒業し、学生生活に節目を迎えました。大学生活を終えての感想は『これだけはよくやった、誰にも負けない』ということをやっておくべきだということです。それは、サークル活動でも、遊びでも、学問でも、恋愛でも、何でもいいと思います。

 私がそう思うようになった背景には、卒業を目前にして、「まだ学生でいたい」と話す友人が周囲にいたことが挙げられます。私はサークルや学問、ゼミの活動、旅行、プライベートのことなど、やりたいことを散々やりつくして来ました。一方、学生でいたいという方は、全力で何かに取り組み、成し遂げたという達成感が得られていないのではないかと思いました。

 例えば、私の趣味は旅行なのですが、昨年度だけで26カ国を旅しました。そのために一生懸命にバイトに取り組むなど、やりたいことをする努力を惜しみませんでした。

 旅行など、やりたいことをやりつくした私は、大学院進学という次のステップへ期待に胸を膨らませておりました。進学・就職に限らず、人生の次のステップに進む際には、嫌々進むより、未来に明るい希望を持ち、また、頑張ろうという気でいた方が、はるかに良い心の持ち方だと確信しています。

 本気で何かに取り組むことによって得られることは、次のステップへ気持ちよく進むことができることだけではありません。例えば、就職活動においては、その大学生時代に何かを頑張ったという実績が大きな武器になります。また、就活のような目前に迫ったことに対してだけではなく、頑張った際に培われた精神力は、その後の人生に役立っていくものだと思います。

 一度限りの大学生生活、せっかくですから本気で真剣に取り組めるものを持ってみませんか?そして、どうせやるなら、面白いことをしましょう。楽しみましょう。


平成20年6月12日

父母和我的交流

dào suì wǒ pǔ tōng de rì běn jiā tíng hé tóng yàng yǔ fù mǔ jiāo liú zhe le
到 1 2 岁 , 我 普 通 的 日 本 家 庭 和 同 样 与 父 母 交 流 着 了 。

dàn shì yīn wéi wǒ jìn le xiàn wài de chū jí zhōng xué yǔ fù mǔ fēn shǒu zhù le zài jiào nèi de xiǔ shě
但 是 , 因 为 我 进 了 县 外 的 初 级 中 学 , 与 父 母 分 手 , 住 了 在 校 内 的 宿 舍 。

yǐ lái dào xiàn zài wǒ yǔ fù mǔ hé xiōng dì yī qǐ méi zhù
以 来 , 到 现 在 , 我 与 父 母 和 兄 弟 一 起 没 住 。

wǒ shì chū zhōng shēng de shí hòu méi yǒu shǒu jī jiāo liú de shǒu duàn zhǔ yāo shì gōng gòng diàn huà tóng shí wǒ shǐ yòng xìn le
我 是 初 中 生 的 时 候 , 没 有 手 机 , 交 流 的 手 段 主 要 是 公 共 电 话 。 同 时 , 我 使 用 信 了 。

wǒ shì gāo zhōng shēng de shí hòu cóng mǎi shǒu jī wǒ yòng shǒu jī jiāo liú xiàn zài yě tóng yàng
我 是 高 中 生 的 时 候 , 从 买 手 机 , 我 用 手 机 交 流 。 现 在 也 同 样 。

kě shì yīn wéi wǒ hé fù mǔ cháng de jiān yī qǐ méi shēng huó wǒ mén de huà tí bú yī zhì
可 是 , 因 为 我 和 父 母 长 的 间 一 起 没 生 活 , 我 们 的 话 题 不 一 致 。

wéi cǐ zuì jìn wǒ hé fù mǔ jiāo liú de shì shǎo le
为 此 , 最 近 , 我 和 父 母 交 流 的 事 少 了 。

wǒ xiǎng méi yǒu bàn fǎ dàn shì wǒ bú xiǎng nà gè shì shì hǎo
我 想 没 有 办 法 , 但 是 , 我 不 想 那 个 事 是 好 。

日本のマスコミ


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<首相靖国参拝>森氏「ある意味よくやった」
(毎日新聞 - 08月15日 19:51)
 自民党の森喜朗前首相は15日、金沢市で開かれた石川県戦没者追悼平和祈願祭であいさつし、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「何という執念なのか。何としてもこの時代、重い立場の中で(参拝を)やりたいということで実行されたと思う。友人としてある意味よくやったと評価したい」と述べ、一定の評価をした。そのうえで、A級戦犯分祀(ぶんし)や非宗教法人化案などの打開策について「天皇陛下がお参りできないのはなぜかを今、声高に議論すべきだ」と強調した。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 日本の恥というかダメな部分にはいくつかありますが、そのひとつがマスコミです。特に私は、この国を乱している最大の要素のひとつがマスコミであると考えています。あまりにも質が悪すぎる。質というのは、くだらないバライティー番組がダメだ、などという年寄りな意見を言ってるのではありません。マスコミは、“第4の権力”と呼ばれるように、公共性が高く求められます。以前、ライブドアがフジ=サンケイグループを買収しようとしたときも、フジテレビの経営陣はそう言っていました。間違いなくそれは正しい。マスコミ業界に資本主義理論は適さないと思います。しかし、それは、マスコミが自分自身を保身するときに使用する建前に過ぎず、実際はかなりひどい。彼らは、恣意的に社会・世論を動かすことに恐ろしいほどの労力や知恵を使っています。もし、彼らに高い道徳観と倫理性があれば、こういう必要も無いのですが、マスコミに従事するひとには、なにか、なんの信念もなく、思うがままに多くの人を動かしたいとする傾向があるようです。しかも、より影響力が高いマスコミになればなるほど。自分の知り合いや友達にもマスコミ志望の人は大勢いるのですが、やはり、道徳観を持ってるというよりは、とにかく社会に対し自分の影響力を持ちたいとする人が多いような気がします。そんなマスコミは、しばし、明らかに意図的に、真実を捻じ曲げて報道を行います。

 今日の産経新聞(WEB版)では、小泉首相による靖国神社参拝に対する森前首相の談話として、「よくやった」という意見を掲載しています。全面的な肯定に感じられます。しかし、毎日新聞では上の記事に書かかれてるように、「ある意味よくやった」としています。これは一部分しか肯定していません。すなわち、否定のニュアンスも含んでいることになります。つまり、どこを抜き出すかによって、文章の意味をかなり変えてしまっていることになります。しかし、ここで、「あぁ産経新聞はとんでもないマスコミだ。それに対して毎日新聞はちゃんと真実を伝えている。」などと決して思ってはならない。特に日本語はそうですが、長い文章全体を考察しなければ意味を理解できないことがよくあるので、このような一部分の発言しか掲載していない記事だけでは、なにが本当かどうか判別はできないはずなのです。

 上に挙げた抜き出しはマスコミがよく用いる情報操作手法の一例ですが、このようにして、日々、人々は騙されています。結局は、情報を基に、自分自身で考え、結論を出すことが求められるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。