FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

依存


 私の高校には小池という先生がいた。彼は英語を教え、個性的な教員が多い我が校の中でも際立ち、その口調とポーズ、主義主張が多くの生徒に揶揄されていた。特に私の親しい友人の一人には、生物の時間に内職して、『小池論』と名を得った漫画を書き続け、それが大変面白かったのを覚えている。

 そんな彼は、「ねらってくわい!」と言いつつ、毎回の定期試験で自由英作文を課し、入試の予想問題を出していた。確か、その中に、「少年・少女に携帯をもたせるべきか、否や」のようなテーマの問題があったような気がする。個人的には、一定の年以下の者、例えば小学生+αには、携帯電話、インターネットなどの通信機器は持たせるべきでないと考える。なぜならば、彼らが所持してもさほど社会的な利便性が向上するとは思えず、人間としても全然未熟であり、社会に氾濫している情報に対する判断ができない可能性がかなり高いからだ。では、だからと言って、例えば彼らに所持を禁止するようなことは、現実問題として可能であるか?

 今は知らんが、当時は我が校では携帯の所持は禁止されていた。また、全校生徒の半分以上を占める寮生では、寮において携帯のみならずパソコンの使用が禁止されていた。しかし、皆さん日々世話になってるように、これらのものは我々に大変多くの情報を与えてくれ、大変、便利なものである。結局、禁止はされてるものの、私を含めてほとんどの生徒が携帯を所持し、また、中にはパソコンを持ってる者もいた。

 このことは、人間は、便利な物に対してなかなか捨てがたく、それを所持し行使したいという欲求には勝てないということを示している。先ほどの例は、広い世界の中では些細な事例に過ぎないだろうが、大きな次元では、環境問題や核問題がそうであろう。最終的には自分の首を絞めることになるのについつい所持したり使ってしまう。良く考えれば、現在の発達した文明社会においては、多数の事例を見つけることができると思う。

 今日の文明社会の発端は、18世紀にさかのぼる。イギリスにおいて、人工動力を発明した第一次産業革命が発生した。石油、電力という効率的な燃料を用い、動力の生産力を飛躍的に向上させたのは、19世紀以降の第2次産業革命。そして現在、20世紀後半から現在も継続中である第3次産業革命においては、情報技術の発展が著しい。インターネットは、この文章を今現在、見ているあなたでも分かるように、明らかに便利だという実感を人間に与えている。しかし、同時に見えないところで、自分の個人情報を、誰かに垂れ流し続けている。例えば、自分の名前を検索してみると、自分の情報が意外と多くあるれていることが良く分かるだろう。これはつまり、他人においても同様なことだ。そこで、「それはいやだ」、「全く知られたくない」と思うなら、二度とネットなんて使わないことだ。それしか根本的な解決策はない。しかし、そんなことはできない。人間は、大火傷するまで、一回しめた味をなかなか忘れられない。それは私にも当てはまることだ。
スポンサーサイト

コモンセンス



「非常識な人間になってはならない」

最近、こう、つくづく思う。非常識なことをするな、非常識な奴は嫌いだ、ということが言いたいのではない。そんなことはどうでもいいのだ。

冒頭の言葉には、次の二通りの解釈があると考えられる。

「非常識な行動をする人間になるな」
「常識を知らない人間になるな」

つまり、常識に則って行動することと、常識を理解していることは違うのである。

多数の人間を相手にする際には、たとえ非常識な行動をする場合でも、「一般的にどう言ったことが罷り通っているのか」「普通の大衆は何を考えているのか」といった“当たり前”とされていることを必ず理解しておく必要がある。しかし、それを実践している人間や、そのこと自体を意識し理解している人はどれくらいいるものか。また、そもそも、常識を正確に把握することは、当たり前と言えども、難しいことではないのか。しかも、常識は日々、変化し続けるものであろう。

世の中には、人に注目されるような大きな舞台に立つ人間もいる。こういった人たちは非常識的な空間の中で、一般人がすることのない、非常識的な生活を行なっているはずである。このこと自体は大いに結構なことだ。しかし、次第に、自分がまるで世界の中心にいるかのごとく勘違いし、単に非常識な行動をするだけでなく、一般的な話を忘れてしまう危険性がある。現にそのような人は多く存在し、そのまた多くが自覚していないだろう。たが、大きな舞台で自分が扱う対象となるのは、まさに一般人なのである。

“当たり前”のことを知ったつもりになりきることなく、常に人が何を考え、社会では何が求められているのか。そういったことに目を配り続ける謙虚さを持っていたい。

Up to you

~互いの思想を追求することは人間を幸せにさせるのか?~

 あれは、高校1年生の秋の頃だろうか。私は、人と自分の価値観や思想を語り合うことに、面白さを感じてきました。大学に入って、しばらくの間、そのようなことができる新たな相手に恵まれてきませんでしたが、最近、ある女の子と久々にそんな話をするようになりました。高校の時にいた部類の人間ではなく、それはそれで魅力があるのですが、彼女には彼女なりの考えているところがあって、また、それが意外と自分の考えていることとの共通点を多く含んでいたのです。私は、自分と似たような考えを持っている人間はそうはいないと思ってますから、そのような共通点をひとつひとつ見つける度に喜びを感じるようになり、次第に、その子と話すこと自体が楽しくなってきました。
 しかし、全て同じ考えを共有している人間などいるわけがありません。こんな語り合いを続けていくうちに、ある一点を超えると、今度は、互いの相違点が目立ってくるようになります。そして、気付けば、他の人間よりは似通っているはずなのに、互いの考えを知り過ぎたがために、全然違うキャラクターだなぁ、なんて思えるようになります・・・
 別に恋愛の対象として相手を見ていたわけではないのでしょうが、仮に、そういう対象として見ていたとすれば、このような互いの考えを追求し合うことは、人間を幸せから永遠と遠ざけるというかなり危ない行為なのかもしれません。というのは、先ほど述べましたが、究極のところ、全く同じ価値観や思想の持つ人間などいるわけがないからです。ただ、もしそういう相手または許容範囲内の相違で収まる相手と分かれば、幸せなことこの上ないでしょう。すなわち、恋愛関係に於いて男女が、互いの思想を追求することは一種の博打行為だと言えます。後は、どの点で妥協するのか、それともしないのか。自分次第です。

『悪魔の詩』

1991年7月12日
小説「悪魔の詩」を日本語に翻訳した筑波大学の五十嵐一(いがらし ひとし)助教授の他殺遺体が大学構内で発見される。


 今日は、私が授業で取り上げた話を紹介しましょう。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

悪魔の詩
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『悪魔の詩』(あくまのうた、原題:The Satanic Verses)は、1989年にイギリスの作家サルマン・ラシュディがムハンマドの生涯を題材に書いた小説である。日本では、筑波大助教授五十嵐一(いがらし ひとし)によって邦訳(『悪魔の詩(上・下)』、新泉社、1990年)がなされた。

<イスラム教に対する冒涜>
イスラム法学者のタバリーによると、預言者ムハンマドはかつてメッカの多神教の神を認める章句を読み上げたという内容の事が記されている。後にムハンマドは、その章句を神の預言によるものではなく悪魔によるものだとした。これが、この本の原題の意味である。この他にもイスラム教に対する揶揄が多くちりばめられており、イスラム教に対する挑発でもあった。

<死刑宣告とその影響>
1989年2月14日、イランの最高指導者アヤトラ・ホメイニによって著者のラシュディ、及び、発行に関わった者などに対する死刑宣告が言い渡され、ラシュディはイギリス警察に厳重に保護された。死刑宣告はイスラム法の解釈であるファトワー(fatwa)として宣告された。
1989年2月15日、イランの財団より、ファトワーの実行者に対する高額の懸賞金(日本円に換算して数億円)が提示される。
1989年6月3日、心臓発作のためホメイニが死去。ファトワーの撤回は行われなかった。ファトワーは発した本人以外は撤回できないので、以後、撤回することはできなくなった。
1991年7月12日、日本語訳を出版した五十嵐一(筑波大学助教授)が研究室にて何者かに襲われ、喉を繰り返し切られて惨殺される。 他の外国語翻訳者も狙われる。イタリアやノルウェーでは訳者が何者かに襲われ重傷を負う事件が起こった。
1993年、トルコ語翻訳者の集会が襲撃され、37人が死亡する。
1998年、イラン政府は、ファトワーを撤回することはできないが、今後一切関与せず、懸賞金も指示しないとの立場を表明する。



最終更新時刻:2005年07月12日 16:35 by.Aiichiro Kohno
上記の内容はWikimedia Foundationによる フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』記事の引用です。
Content is available under GNU Free Documentation

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 1979年、パフラヴィー朝を打倒しイラン=イスラム革命によってイスラム原理主義共和政を打ち立てたホメイニ師。世界史の資料集とかで彼が『悪魔の詩』の作者に死刑宣告をしたという箇所に目がとまった方もいらっしゃることでしょう。表現の自由と宗教―大変難しい問題ですが、この『悪魔の詩』の思わぬところに火花が飛びました。14年前の筑波大学助教授の殺害事件です。犯人の足取りは全くつかめず、あとちょうど一年で時効を迎えようとしています。彼の奥さんは事件当時、専業主婦でしたが、残された二人の子供を養うため、彼の友人のつてを使い大学の講師を始めました。そして、14年たった現在では、帝京平成大学の助教授をされております。まるで亡き夫の分も頑張るかのように。

群青日和

isetan.jpg

<新宿―伊勢丹の息が合わさる衝突地点>

 諸君は、群青日和という歌をご存知でしょうか。そう、椎名林・・・じゃなかった、東京事変の歌であり、私を新宿好きにさせた歌であります。(住んでるトコは渋谷のすぐ近くなのに(^^;))

…♪突き刺す十二月と伊勢丹の息が合わさる衝突地点
  少しあなたを思い出す体感温度
  答は無いの?
  誰かの所為にしたい
  ちゃんと教育して叱ってくれ
  新宿は豪雨
  誰か此処へ来て
  青く燃えてゆく東京の日
          (椎名林檎)

 人それぞれですが、思い出になっている曲ってありますよね。私は、この歌がその内の一つなんです。去年の夏頃、閉店ぎりぎりのファーストフード店でこの歌を聞きながら勉強していたという思い出―それをこの歌は運んでくれます。
 知ってますか?椎名林檎は、この歌以外にも、「歌舞伎町の女王」など東京にちなんだ歌を作ってますが、彼女は、東京ではなく福岡が出身です。日本の首都である東京に関する歌は数多ありますが、地方に居て東京に憧れ上京してきた人が作ったものが結構多い。歌こそ作っていませんが、私も東京に憧れていた一人でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。