スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命日記



<チェ=ゲバラ>

~台風7号来襲~

 本日、7月26日、首都圏に台風が来襲した。西日本出身の私にとっては、今回の台風は全然大したことがないのだが、首都圏はたちまち大混乱である。徹夜していた時から確かに雨は凄かったのだが、風は至って普通である。そんな中、正午前後だろうか、東京23区に大雨洪水警報が発令された。私はそのニュースをすぐ伝えられたのだが、西日本に住んでた時にはそんな警報は日常茶飯事なので、大して気に留めなかった。しかし、東京ではそれに慣れていないのだろうか。会社・学校は直ちに閉め始めてしまった。
私が家で夜の徹夜作業のため、家で寝だめし、夜11時、大雨と熱帯夜の中、一時間かけて西早稲田22号館に行くと、年間24時間無休のはずのコンピュータールームの電気が消えていた。こんなのは初めてである。入口の張り紙に近づいてみると・・・

『22号館MNC自習室は、東京23区に大雨洪水警報発令されたため、13:30に閉室致しました。』

はぁ~、こんなに苦労して来たのに、こりゃないだろ。西じゃぁ、大雨洪水どころで学校は閉まんねぇよ~。
 今回の台風は、話題の大きさに比して大したことがなかったのだけれど、風が強そうな、いかにもそうだという台風が接近する時には、なんかワクワクしてしまう気持ちにならないだろうか。去年の例を見ても分かるように、台風は多大なる被害をもたらす危険な存在であるが、私はワクワクせざるにはいられない。私のような感情を覚えてしまう人は、少ないのだけれど、ごく一定の割合で存在するようで、そのような人たちには革命家になりたがる傾向があるそうだ。
 冒頭の写真は、世界的革命家であるチェ=ゲバラ(本名、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ)である。彼は、1950年代のキューバに於いて、未だ健在のカストロ議長とともに、親米のバティスタ政権を倒し、キューバ革命を成功させた人物として有名だが、元々はアルゼンチンの人である。彼は、キューバだけではなく、コンゴやボリビアでも革命を指導した。
 彼はもともと、ブレノスアイレスに住む放浪好きの医学生だった。そんな彼を、友人との南米旅行が変えることとなる。アメリカの帝国主義的な政策の影響を受け、ペルーのインディオたちがひどい生活に追い込まれている惨状を目の当たりにした彼は使命感を覚え、革命家の道を突き進むことになったのである。
 これは有名な話だが、カストロらとともに行っていた初期のゲリラ活動において、バティスタ政権軍の攻撃を受け、最初の80名のメンバーがたったの12名になってしまった。この状況を見て、誰が彼らが政権を転覆できると思うだろうか。壊滅寸前である。しかし、彼らは諦めなかった。特にゲバラは、バティスタの後ろで覇権を振りかざすアメリカ帝国主義が許せなかったのだ。残った人員で再起し、闘争を継続し、3年後、革命は成就する。彼が、活動していたのは主に社会主義勢力の中であったのだけれど、イデオロギーに浸っていたというよりも、単に、悲惨な生活を続ける人々を解放したいという使命感で革命家を続けたのである。その信念の強さは、思想の違いを超えて現在に至るまで賞賛されている。私もマルクス主義者ではないが、諦めることなく芯を通し、安定した地位に固執することなく、理想の社会の実現に向けて生涯を捧げたという彼の生き方には、とても魅力を感じる。
 こんなチェ=ゲバラは、わずか40歳でこの世を去ることとなった。ボリビアでのゲリラ指揮の作戦中に政府軍に捕まってしまい、暗殺される。

 最期の言葉は射殺を躊躇する兵士に対し、

「ここにいるのは英雄ではない。ただの一人の男だ。撃て!臆病者め!!」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。