FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷信


温暖化について


地理の授業

あ>「なんで温暖化になると海面が上昇するんかね、○○」

○○>「北極の氷が解けるから」

あ>「・・・。」



授業で発問したら、北極の氷が解けるからと答える生徒がほとんど。はっきりと【北極】と言っている。そんなこと書いているものなんてないはずなのに。もしかして、小学校とかで馬鹿な教員がそう教えてるんじゃないかと思ってしまう。

そこで、「北極の氷が解けても水位は上がらない」と言うと、信じないので、簡単な物理の原理を教えると納得するが、そんなこと知らない、初めて知った、などと言われる。確か自分は、小学校の時(塾とかではなくて普通の公立)に教わったが・・・。

暗記ではない自分で考える力を育てようという名目で、教育内容は削減されてきた。確かにそれは重要だが、総合的学習とか、小中学校に、そんな教育が育成できる教員なんてほとんどいないだろ。しかも、マスコミに散々教員が叩かれて、民間の業績も悪くない状況では、教員の質の向上も見込めない。だったら、教える内容が明確な方にシフトしていく方が懸命であろう。

***************************

温暖化で特別声明を採択 APEC

省エネの数値目標設定=25%改善、温暖化で特別声明-APEC首脳会議

(時事通信社 - 09月08日 17:01)
 【シドニー8日時事】日米中など環太平洋の21カ国・地域で構成しているアジア太平洋経済協力会議(APEC)は8日、オーストラリアのシドニーで首脳会議を開き、初めて地球温暖化問題で特別声明を採択した。APEC域内で省エネルギーや森林面積拡大の数値目標を設定。ただ、開発途上国に配慮して拘束力のない「努力目標」とした。



 世界の温室効果ガス排出量の6割を占めるAPECメンバーが温暖化対策に努力する方針で合意したことになり、安倍晋三首相は「今後の国際交渉を前進させる大きな原動力になる」と評価。温室効果ガスの排出削減を定めた京都議定書に代わる2013年以降の新たな枠組み「ポスト京都」作りに向け、弾みが付くことが期待される。



 声明はAPEC域内の目標として、(1)省エネの目安となる「エネルギー利用効率」を30年までに05年比25%以上改善(2)二酸化炭素(CO2)を吸収する森林の面積を20年までに2000万ヘクタール以上拡大-を設定。APECメンバーには個別目標と行動計画の策定を促した。 



[時事通信社]


TV and Children



TV exposes children to different countries cultures and ideas. TV is easier and more efficient media to get information than newspapers, books and so on. Certainly, a part of the information has a bad influence on children. For example, there are violence programs, false pictures of human relations and so on. However, the present world changes very rapidly. In order not to be late for the time, it is very important to collect information as fast as possible. For children, bad program must be regulated by some way, but we should not prohibit children from watching TV at all.


Smaller World


  The world seems to be getting smaller for several reasons. There are four reasons.

  First, IT is developing recently. For example, when you contract with people in other countries, it cost more than a week by paper mail, but it cost a moment by e-mail.

  Next, the development of transport also makes the world smaller. For instance, a hundred years ago, it took three weeks from Japan to the United States by ship. However, now, it takes only eight hours by airplane.

  Third, an alliance among countries is surprising reason. It makes the international communication more active. For example, EU (Europe Union) is the greatest alliance in the world, and people in Europe are becoming the same “Europeans”. Finally, the most important reason is globalization. Globalization is that many cultures and economies become the same. For example, English was just the language of Anglo Saxon people in the old times, but it is the most important common language now. So people in the world have become been closely related.

  That is why the world is getting smaller recently.


The drinking age should be lowered to age 18.


Boys and girls who are no less than 20 years old are not permitted to drink alcohol by law. However, in fact, many of the people who are 18 or 19 years old often drink by tacit agreement. They are employees or university students, and they go round with people who are 20 and over so. So, they cannot avoid drinking, and the law which prohibits people who are no less than 20 years old from drinking is broken everyday.

There are other stories that look like that. For example, one of those is the curriculum problem in high school. The race of the entrance examination of universities has become harder and harder, so many of high schools break the formal rule of curriculum and teach for the examination. There is no use of prosecuting the impossible regulations.

Why can laws have meanings? That is because every body follows laws. Nevertheless, many people do not keep that drinking law. This situation is very bad for the world. We must correct that. But, it is very difficult to prevent 18 or 19 people from drinking, so that law should be changed. That is why The drinking age should be lowered to age 18.

社会のタブー


高校履修問題。これは、社会のタブーが、ひょんなことに、ある日突然、崩壊する例の一つである。


この報道がなされる前に、主に進学校で履修科目が不足していた
、ということは、学校関係者のみならず、マスコミや教育委員、文科省の官僚はよく分かっていたはずだ。報道によると、文科省の役人で、「まさかそんなことがあるとは…」と言っていた者がいたが、馬鹿げている。彼らの出身校の大半が進学校であり、同時に彼らは学習指導要領のエキスパートである。知らなかったということがあるものか。同時に民間の教育行政の専門家や、ある程度教育に興味を持つジャーナリストでも、「自分の出身校は受験に要らない科目はやらなかったなぁ」と、うすうす感じていたはずだ。しかし、政府・民間の両者ともに、これまで問題にしなかった。確かに、ルールには違反しているが、問題にするほど悪いことではない、と思っていたからである。「受験に必要のない科目なんてやりたくないよ」 ― それは、現役の生徒のみならず、建前と本音の使い分けで、青春時代に受験戦争を味わった社会エリートたちも思っていることなのである。その本音と建前の絶妙のバランスによって、今回のタブーは維持されてきた。

ところが、今回、突如としてこの問題がクローズアップされた。おそらく、暗黙の了解としていたマスコミの中にも変わり者がいて、取り上げたら社会問題になるぞ、と考えていたやつがいたのだろう。まさに、その通りで、首相も見解が求められる国家の大問題となった。おそらく、今回の問題の行き着く先は、政府が慌てて本音を強調し、現行の学習指導要領を強調することでひとまず終えるだろう。その後に、ゆとり教育の見直しの中で、受験との両立ができる体制を構築していくのかもしれない。どちらにしろ、これまでの本音は闇に潜み、やはり教養は必要だ!という建前が優先することになるだろう。


今回の例に限らず、あらゆるタブーは、一部の業界関係者とマスコミの中でのバランスによって、維持し得ている。しかし、勇気のある愉快犯が現れた時には、簡単に崩壊してしまうものであるのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。